RSSフィードテスト

特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

【十八成浜ビーチパーク】 まこっちゃんの石巻牡鹿くぐなりDiary②
4月1日より新しくオープンした十八成浜ビーチパーク🏖 今から夏が待ちきれないです〜 ※現在トイレは使用可能です(^^) 石巻市ホームページ https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/20210407085638.html
>> 続きを読む

でらぇぇ〜友だちつぐっぺぇ〜笑顔プロジェクト展示会のお知らせ
こんにちは。スタッフ田中です! 嬉しいご報告です!4月5日より大垣共立銀行テラッセ納屋橋支店様にて、でらぇぇ〜友だちつぐっぺぇ〜笑顔プロジェクトの展示がスタートしました☆ 大垣共立銀行さんが東日本大地震をきっかけに手のひら認証を始めたのはご存知でしょうか? 十八成浜の阿部邦子さんが語り部としていつも伝えてくださるお話を思いだされる方もいるかと思いますが、東日本大地震では、通帳などを取りに家へ戻った方のたくさんの命が失われました。 大垣共立銀行様は同じことが繰り返されないようにと、手のひらの静脈を登録することで、通帳やキャッシュカードがなくても手のひらの認証とパスワードだけで入出金が出来るシステムを導入されています。 3月11日よりこちらのシステムのキャンペーンがスタートしました!(詳しくはOKBさんのHPへ) ご縁があり、谷口支店長とお話をしていく中で、私たち愛知ボラセンの取り組みや、被災地の子どもたちの様子を知っていただけないか、また一緒に応援することができる仲間を増やすことはできないだろうか、と今回の展示のご提案をいただきました。 10年を節目と表現される方もいらっしゃいますが、復興へはまだまだこれからです。 できる人が、できる時に、できる事を。 展示は4月末日までです。お時間ありましたら是非、お出かけくださいね。 ちなみに田中は、早速手のひら認証を登録してきました!
>> 続きを読む

「十八成桜」まこっちゃんの石巻牡鹿くぐなりDiary①
スタッフとくらです。この度、新たに「まこっちゃんの石巻牡鹿くぐなりDiary」を掲載することにしました。 愛知ボラセンのボランティアさんで愛知県か、宮城県に移住した“まこっちゃん”。現在の石巻、十八成浜や牡鹿半島の様子をお伝えしていただきます。 まこっちゃんからメッセージ頂きました!------東日本大震災から10年。東北の被災地域ではハード面の復旧が急ピッチで仕上げを迎えはじめています。様々なところで景色が変わってきています。その中で心の復興というものは人それぞれです。その心の復興というものに微力ながらお力添えできたらと石巻市に移住しました。ブログを見て、東北、石巻市、牡鹿半島とのご縁のきっかけになりましたら幸いです。------ 2021年「十八成桜」2013年3月活動してきた十八成浜の復興を祈念し、愛知県豊田市前林中学校の生徒達から寄贈植樹された十八成桜も満開になっておりました(^^) 今も当時と同じ十八成浜仮設住宅前から十八成浜を見守る様に咲いてました。
>> 続きを読む

東日本大震災から10年➈
【「希望」が花言葉のアーモンドを咲かせよう・十八成浜での活動③】   スタッフ田中です。 東日本大震災から10年が経ちました。 節目とはとてもいえず、区切りはまたまだみえませんが、 10年という月日を振り返り想いながら、そしてこれからを見つめながら、 私たちスタッフが撮影してきた写真を投稿していきます。 ------ 先日、十八成浜より、【今年もアーモンドのお花が咲きました!】と嬉しいお知らせがありました!!     2013年、十八成浜の川端さんが「以前の十八成はお花がいっぱい咲いていて、海も砂浜もきれいで、それはもう“桃源郷”のようでした。皆さんに昔の十八成をお見せしたい」と、におっしゃったことをきっかけに、 アーモンドの木の植樹をする「桃源郷プロジェクト」を地元の団体である一般社団法人十八成ビーチ・海の見える丘協議会がスタートさせました。 愛知ボラセンは苗木オーナーさんの管理をしたり、ボランティアの皆さんに呼びかけプロジェクトのお手伝いをしてきました。 毎年きれいなお花を咲かせてくれているアーモンドですが、 一般社団法人十八成ビーチ・海の見える丘協議の皆様、とりわけ阿部恭一さんの毎日のパトロールや細やかなお世話があってこそです。 新芽を食べてしまったり、枝を折ってしまう鹿害も絶えず、鹿が入った形跡を見つけるたびに、対策をしたり修繕をしたりの繰り返しです。 パトロール中に鹿に遭遇したら命の危険もあるのです。 また、愛知ボラセンがバスを出せなくなってしまった今も、乗用車に乗り合わせて、毎月のように応援に駆けつけてくださるボランティアさんもいらっしゃいます。   必死に守ってくださる方がいての、尊い「希望の花」なのです。 また今年もアーモンドの花が、被災された方をはじめ多くの方の心を照らしてくださいますように。 どうか引き続き応援よろしくお願いいたします。      
>> 続きを読む

3月27日ワンコイン・サポーターズ事務作業 ご報告
こんにちは。スタッフ田中です!今日は緊急事態宣言が明け、久しぶりの事務作業でした。東別院は桜が見頃、圧巻でした。 事務 日下部さんより活動報告をさせていただきますね☆ 今日、東別院の桜はこれぞ満開!と、最高の見頃の日。それもあってか、10人の方々が足を運んでくださいました。 緊急事態宣言解除で、やっと事務作業ができるようになりました。 10年続けてきて、8月と12月のお休みで2ヶ月空くことはあっても、昨年は6ヶ月、今年も4ヶ月も間が空きました。 なんと!明けましておめでとうございます、の挨拶です。 来年は通常に戻っているのでしょうか・・・ 久しぶりの照合作業。ゆっくり、ペアで読み合わせして頂きました。 13時に4人。だんだん増えて10人目の方が来たのは14時頃。 さすが長年事務作業に続けて来て頂き、照合のプロが多い! 1時間で2ヶ月分の照合は終わってました。 本日もまだまだ不安の中、皆さんありがとうございました。 久しぶりの事務作業で写真を撮るのを忘れてました。 作業後に一緒にお花見したメンバーで写真を撮ったら、4人とも鈴木さん! 日本で2位。愛知県で1位。この写真では100%の鈴木さんたち、今後もどうぞよろしくお願いします。 もちろん、他の名前の方々もご参加ください! 次回事務作業  4月24日(土)  13時~  銀行照合
>> 続きを読む

愛知ボランティアセンター10年を迎えました。
代表の久田です。 10年前の2011年3月25日(金)、 東別院境内のお茶所に応援物資の受付、集積場所として、 愛知ボランティアセンターを開設しました。 そして、26日(土)から春物新品応援衣類の受付を始めました。 任意団体としての愛知ボランティアセンターの設立は2011年3月17日ですが、 3月25日は実際の活動を開始した日です。 初日の活動風景をご覧ください。 https://blog.goo.ne.jp/aichiborasen/e/23ba46e48166b5e1f5ecbd47b4512bf8 以来10年間、丁寧に被災者応援活動を続けてきました。 「当事者と非当事者」ではなく、「当事者と準当事者」の関係であると 作家の平野啓一郎氏は「悲しみとともにどう生きるか」(集英社新書)で、興味深いことを書いています。  震災の時にもう一つ思ったのが、「当事者」と「非当事者」という分け方を当たり前のようにしているけど、実際は「当事者」と「準当事者」と考えるのが正確なのではないかということです。というのは、「当事者」という存在が概念として成り立つのは、「当事者ではない人」との相関関係においてです。ということは、もう少し俯瞰した視点から見ると、当事者周辺にいる人も「当事者ではない」というあり方でその問題に関与している。つまり、「当事者」と「準当事者」というかたちで問題を捉え直すべきではないか。社会の中には、「当事者」がいて、その同じ社会に住んでいる以上、「非当事者」というのはいなくて、それ以外は「準当事者」がいると考えるべきなのではないかと思ったのです。 これまで私は被災者が「当事者」で、被災者ではない者は「非当事者」だと考えていました。 しかし、東日本大震災に関していえば、私たちは復興税を払い、ずっと心を寄せています。 したがって、当事者ではない「非当事者」ではなく、当事者に準ずる「準当事者」である、 と平野氏の文章を読んで認識を新たにしました。 私たちは直接の被災者ではありません。ですが、同じ時代に生きる「準当事者」なのだと思います。 そして、復興に心寄せ、被災者を応援し続けることが「準当事者」としては当たり前のことなのだと思います。 以下、2021年3月11日に開催しました「東日本大震災犠牲者追悼式2021」で、 実行委員会を代表して愛知ボラセンの田中涼子が述べた趣旨説明の全文を掲載します。 マグニチュード9.0、最大震度7.0を観測した東日本大震災。 震災で亡くなられた方は15,899人、 まもなく10年の月日が経とうとしていますが、 未だ行方が分からない方、ご家族のもとへ帰ることができない方は2,526人もいらっしゃいます。 10年という今日のこの日を「節目」と表現しがちですが、終わりなど まるで見えません。 被災した地域やそこに住む方々が受けた大きな爪痕は、 まだ癒えることなくこの先も続いていきます。 2011年以降、災害危険区域の指定が広がり、 自宅に戻ることも再建することも出来なくなってしまった方も多くいらっしゃいます。 原発事故により41,000人もの方が全国で避難生活を強いられ、 福島県では内部被ばく検査も続けられています。 時間は経過していきますが、被災された方にとって まだ「節目」ではないと思うのです。 「東日本大震災犠牲者追悼式 あいち・なごや」は、震災支援活動を続けている14の団体で構成され、 立場や考え方を超え一堂に会し、 ただ純粋に東日本大震災の犠牲者に哀悼の誠を捧げるために毎年手作りで開催している式典です。 震災から10年。 被災した皆さんのために私たちに出来ることを探し続けた10年でした。 本当に被災地の皆さんの支えになっているのだろうかと 問い続けた10年でした。 東日本大震災が起きなかったならば、と今も何度も思います。 しかしまた、多くの出逢いがあり、多くのことを学び続けた10年でもありました。 昨日も今日もそしてこの先も、私たちは何年経っても、東日本大震災が起きたことを忘れません。 そして多くの亡くなられた命のことを、被災された皆さんのことを、 大切な方を亡くされた皆さんのことを忘れません。 今年もまた、その想いひとつに ここに皆様と集い、 ともに被災地へ心を寄せられることに 感謝いたします。 今日のこの追悼式典が、残された私たちを 未来へと繋ぐ時となりますことを願い、 趣旨説明とさせていただきます。 2021年3月11日 NPO法人 被災者応援愛知ボランティアセンター 田中涼子   この趣旨説明に、これからの愛知ボランティアセンターの被災者応援活動への思いがこもっています。 これからも私たちは「準当事者」として、 あるいは私たちも「当事者」になることもあるかもしれませんが、 被災者応援活動を続けて参ります。  
>> 続きを読む

今週末(27日土)ワンコインサポーターズ事務作業は実施いたします!
おはようございます。スタッフ田中です。 3月7日、緊急事態宣言、愛知県独自の厳重警戒宣言及び厳重警戒措置が解除されたことを受け、 今週末のワンコイン・サポーターズ事務作業を実施いたします。 とはいえ、換気、手指消毒、ボランティアの皆さんのソーシャルディスタンスに気を付けながらの実施です。 皆様、ご協力よろしくお願いします。   3月27日(土)13:00~ 東別院会館地下106教室 ※予定分が終わり次第終了 内容:ワンコイン・サポーターズ応援金1月、2月分の照合 ※今年の応援金申請書の照合につきましては、コロナウイルス感染症により先の確実な予定が立てれないため、事務局にて随時進めております。     十八成浜からアーモンドのお写真が届きました☆ 蕾が膨らんでいます!! アーモンドの花言葉は「希望」 今年もお花が咲くのが楽しみですね。   先日の東日本大震災の余震ではないかといわれる大きな地震、 そのあとも何度も続いた余震と、不安な毎日が続いております。 「命を守る」行動について、改めて考え備えたいと思います。
>> 続きを読む

週末ひとり駅伝スタートしました
代表の久田です。 3月11日に開催した「東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや」からもう1週間。 午後2時から開催した鶴舞公園普選壇での追悼式。 会場には500人ほどの方々がご参加され、丁寧な追悼式を開催することができたと思います。 午後5時からの東別院でのキャンドルを灯しての第二部の追悼式にも 学校帰りの高校生約80人も含めて、500人ほどの方々がご参加されました。 これまでの追悼式にはない好天で、キャンドルの灯火がいつもより大きく見えました。 キャンドルの片付けが終了した午後8時48分、 私は「一人駅伝」をスタートさせました。 この日の目標は東別院から豊橋駅、約66㎞。午前7時頃到着の目標でした。 20㎞の豊明市あたりまでは順調でしたが、その後、ペースが落ちていき、 35㎞をすぎた岡崎市ではほとんど走れなくなりました。 午前5時04分、名鉄藤川駅(岡崎市)の45.28㎞で、「一人駅伝」1日目は終了しました。 私のフルマラソン(42.195㎞)のベストタイムは3時間59分35秒(2年前)。 2月14日の練習では50㎞を約7時間で走りました。 それからすると、45㎞は6時間ほどで走れるはずですが、8時間以上もかかってしまいました。 個人的には「惨敗」でした。 次回は、来週中に藤川駅からJR二川駅(豊橋市)までの31㎞を走る予定です。 そして、豊橋に宿泊し、翌日は豊橋→蒲郡→半田→名古屋→瀬戸の約100㎞を走る練習を計画しています。 県外での走行は、コロナ感染を考慮しつつ、ゴールデンウィークを考えています。 できれば、5月2日(日)から9日(日)の8日間で、 二川駅からJR富岡駅(福島県)までの約530㎞を走れるといいなと思っています。 そのために必要と思われるトレーニングをはじめました。 原因を自分なりに分析し、新たに負荷をかけてトレーニングをしています。      
>> 続きを読む

ワンコイン・サポーターズも10年目に!!
こんばんは。スタッフ田中です。 嬉しいお知らせをさせていただきます!! ワンコイン・サポーターさんで広告制作のコピーライターをされている畑本様より、   「この活動についてずっと、何か他にできることがないかと考えていたのですが、 この10年目のタイミングでもう一度、活動の認知を高め、応援の輪を広げるために、 微力ながら現職の広告スキルを活かせないかと考え、「ワンコインサポーターズ20,000人プロジェクトサポーター募集ポスター」の デザインを制作しました。」   と先日ご連絡を頂きました。 そのメールを拝見し、とても驚いたと同時に、温かく強い応援のお気持ちに胸が熱くなりました。 お電話でお話させていただき、活動を広く知っていただけるようにと、SNS用にリサイズもしていただけることに。   子どもたちのために、そして子どもたちを応援してくださるサポーターの皆さんのために・・・ と思い2011年からやってきましたが、 サポーターの皆さんはもっと近いところで、一緒に子どもたちの未来を応援してるんですよね。   愛知ボランティアセンターが応援を続けている子どもたちは(卒業生含む):1,420人(2020年5月17日現在)  サポーター登録人数は6,773人 登録口数は11,228口(2021年2月21日現在)です。   まだまだ応援が必要です。   畑本様にお力添えいただき、さらにパワーアップして、応援を続けていきます!!! 皆さん、ご協力よろしくお願い致します!!!   2サイズ、2パターン作成いただきました!!! 畑本さんの子どもたちへの溢れんばかりの愛情が伝わるこのデータをお借りし、プロジェクトをどんどん広げていけたら嬉しいです! 皆さん是非シェアしてください☆   ・SPサイズは、インスタやtwitterなどスマホでシェアしやすい縦長サイズ ・A4サイズはパソコン画面で確認しやすいサイズ             
>> 続きを読む

3月11日 テレビ放送のお知らせ
おはようございます。スタッフ田中です。 明日は愛知ボラセンの過去の映像や、ボランティアさんのご活躍の様子がテレビで放送されることになりました!! 是非ご覧ください☆ ----------------- 愛知ボラセンが応援を続けている十八成浜へ、毎月自家用車やレンタカーに乗り合わせて 毎月お手伝いに通い続けているボランティアの皆さんや、東北に移り住んだボランティアさんを取材していただきました! 十八成浜の最近(先月末)の様子も見ることが出来ます。 ★メ~テレ「UP」15:40-内 2回 ----------------- 追悼キャンドル(夕方の部) 会場に来ることが出来ない方、是非皆さんにご協力いただいたキャンドルの灯をご覧ください。 ★NHK「まるっと」18:10-内 生中継2回 ★メ~テレ「UP」17:40-内 生中継2 ★テレビ愛知「5時スタ!」17:00-内 ★東海テレビ   ※追悼式典もほかのテレビ局さんで放送されるかもしれませんが、愛知ボラセンにご連絡頂ている正確な情報のみをお知らせしております。 また各新聞社様よりお問い合わせ頂いております。掲載は翌日になるかと思います。   10年の月日が経っても、決して終わりではありません。 追悼式典を開催すること、キャンドルを灯すことで、忘れていないこと、そして応援のメッセージから名古屋から発信できたらいいなと思います。      
>> 続きを読む